医療器具

歯科でレッツインプラント!|失った歯を取り戻そう!

治療内容の違いについて

歯列矯正

歯は永久にあることを約束された存在ではありません。虫歯や歯周病などの病気、そして事故などの物理的な要因によっても歯は失われてしまう可能性があるのです。そんな失ってしまった歯の為の治療方法が、多治見市などの矯正歯科で受けられるインプラント施術です。インプラント施術は、失ってしまった歯を補うための治療方法です。主にインプラントというものを用いて治療を行ないます。インプラントとは、天然の歯に似せて作られた人工の歯です。この人工の歯を顎の骨に埋め込むのが多治見市などで実地されているインプラント施術なのです。

多治見市などで行なう、失った歯を補う方法は他にもあります。例えば、多治見市などの矯正歯科ではブリッジ治療という治療法があります。ブリッジ治療とは、歯を失った患部に対して人工の歯を取り付けるというものです。ブリッジ治療とは、顎に埋め込むこと無く歯を補うことができる治療方法です。そのため、顎の骨に対して直接人工の歯を埋め込むことに抵抗があるという人に人気です。しかし、多治見市などの矯正歯科で行なえるブリッジ治療は、インプラント施術に比べて歯の安定感に乏しいという点もあります。さらに、多治見市などの矯正歯科で施術できる、ブリッジ治療は施術対象の歯の両側の歯を削る必要があります。そのため、歯を傷つけないという人は、施術前に確認しておくことが大切です。多治見市などの矯正歯科で行なえる、インプラント施術やブリッジ治療にはそれぞれメリットがあります。自分に適した治療を受けましょう。